Logo 55分で人生を変える!
匿名電話カウンセリング ボイスマルシェ

メニュー

川崎 恵 先生の紹介

カワサキ メグミ

川崎 恵

ペットのお悩み、ペットロスの悲しみお話下さい

川崎 恵

職種 : カウンセラー

得意テーマ : 家族関係・介護・喪失

  • 家族の喪失・グリーフケア
  • ペットロス

この方の印象

この方
の印象
ハッキリ ソフト
聞き上手 話上手

専門カウンセリングについて

良かった 体験談 評価数
92件 55件 92件
体験談51件以上
今すぐ話せます
明日話せます
今週OK

自己紹介

泣きたい程の貴方の想い、必ず受け止めます

ペットが命の局面に立った時、人は様々な感情を抱きます。
余命宣告を受けたなら、失う不安や恐怖に慄き、助けて!と叫びたくなるでしょう。
最愛の子を亡くしたら、もっと出来る事があったのではないか、あの子は幸せだったのか、答えの出ない問いに苦しむ事もあるでしょう。
また、私があの子を殺してしまった・・・との想いに苛まれる事もあるかもしれません。
誰に伝えたら良いか分からない、泣きたい程の貴方の想いを必ず受け止めます。安心して話して下さいね。

ペットロスカウンセラーだから伝えられること

ペットロスカウンセラーは、ペットを愛する方が抱える絶望や後悔、罪悪感にとことん寄り添い、回復へと導く為の専門カウンセラーです。
人とペットの特別な関係性、ペットロスならではの心の変化を熟知しているからこそ、最愛の子を亡くした方を決して傷つける事なく、迷わせる事もなく、自然な流れで回復へと導く事ができるのです。
8年のペットロスカウンセリング実績と自らも大切な子を失った経験があるからこそ、寄り添える、かけられる言葉があると思っています。

ペットロスは乗り越えるものではありません

最愛の子を亡くした時、“あの子が成仏できないから、頑張って乗越えなくては!”と思ってしまいがちです。
でも、ペットロスは乗り越えるものではありません。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。
頑張らなくても大丈夫です、ちゃんと回復への道があります。
その道を、しっかりと照らすものがペットロスカウンセリングです。
また、ペットとの出会いの意味を知るセッションや命日に託されたラストメッセージを届けるセッションも行います。

実際に相談した方の体験談

川崎 恵先生の電話カウンセリング体験談 全55件 全てを見る

Pin

かずみさん(40代)

家族関係・介護・喪失

2017/08/19

この数日間のあいだに続けて、お話を聞いていただきました。
自分の頭では分かっていても気持ちの整理がつかない部分を、一つ一つほぐすように話してくださり、これから生きるヒントを与えてくださいました。

良かった点

うまく言葉では言い表せないのですが、先生のお人柄や経験に培われたお話に、とても救われています。
ただ慰める、ただ励ますというのとは違ったレベルで、最愛の猫を喪い、心が揺れている私にヒントをくださいました。

こんな人におススメ!

最愛の家族(ペット)をなくして、後悔の念におしつぶされそうな人に

※個人の感想であり、全ての方が同様の結果になるとは限りません。

Pin

クレアママさん(40代)

家族関係・介護・喪失

2017/08/01

最愛の愛犬パピヨンのクレアが、大好きなお家で私と添い寝している時に旅立ちました。本当にクレアらしい綺麗な逝き方だったと思いました。

この3年間、手術、入院を何回も繰り返し、良くなったり悪くなったりと、ほぼ毎日病院通いでした。
本当に強い子で、辛い治療も頑張ってくれました。病院の先生にも恵まれ、最後まで諦めずに積極的に治療して頂き、おかげで安心してクレアと毎日を過ごす事が出来ました。
後悔はないと思っていましたが、やはりこの3年間はクレア中心の生活だった為、亡くなった事で私自身の気持ちが整理出来ず、毎日苦しくて涙が止まらなく、このまま日常生活を取り戻せないと思っていました。

良かった点

先生から、最期の時が一緒であって本当に幸せなこと、ラストメッセージは私に対しての未来へのメッセージだったことを伝えられた時は、本当に感動しました。
クレアに本当に私のところに来てくれてありがとう。
今年になってからは、私の為に頑張ってくれて本当にありがとう、いっぱい頑張ったねと思えました。
そして、これからもずっと一緒だよ。私の小さな神様。ずっと見ててね。
まだまだ、気持ちの波があります。また、心が壊れそうになった時には相談させて頂きたいと思います。本当にありがとうございました。

こんな人におススメ!

愛犬を亡くして苦しんでいる方に。

※個人の感想であり、全ての方が同様の結果になるとは限りません。

Pin

ユウコさん(50代)

家族関係・介護・喪失

2017/07/15

2週間前に最愛の愛犬めぐが旅立ちました。3ヶ月間の闘病期間中にも一度ご相談しており、「めぐちゃんは温かいんです。生きているんです。辛いけれどしっかり向き合って、たくさんお話ししてあげて。」というお言葉が心に強く残りました。それからは、辛くても逃げずに毎日たくさん話しました。そのおかげもあり、亡くなったあとも思ったよりしっかりできていたのですが、、時間と共に喪失感と後悔の念が大きくなってきました。
何を見ても泣けてしまい、めぐが夢に出てきてくれないのは怒っているのでは?などと不安にもなり、ラストメッセージを知りたいと思いました。

良かった点

思いがほとばしるままに話しても、とにかくひたすら向き合って聞いて下さいました。良くある慰めの言葉でどうこうではなく、この思いを真っ直ぐに受け入れてもらえたという安心感がありました。
その上で届けられたラストメッセージは感動的なものでした。泣いてしまいましたが、悲しいという感じではなく、心が温かくなるような感動からくる涙でした。今はめぐの愛に深く感謝しています。
優しさと力強さに溢れる本物のカウンセリングでした。

こんな人におススメ!

ペットロスに苦しんでいる方。
喪失感や後悔の念にさいなまれている方。
ペットの闘病中に、色々な思いで苦しんでいる方。

※個人の感想であり、全ての方が同様の結果になるとは限りません。

今すぐ話せます
明日話せます
今週OK
上へ